レジオン通信72号
  2010年12月11日

  巻頭言(今年一年の感謝)     藤巻 正夫


今年一年かわらぬお引き立てを賜り誠にありがとうございます。毎年この時期になると早いな一年と思います。いろいろとチャレンジした1年でもありました。カフェでは夏のサラダ、クレープの新作等々、焼き菓子はクール・ドゥ・ガトーピレネーのスタート、フロマージュ、フィナンシェマロングラッセなどの新作が好評を頂きお店の柱になってきています。生菓子も春夏秋冬の新作を販売、パンは焼き菓子、紅茶、ハニココ(ココナッツの蜜)などとギフトパンの詰め合わせを作りました。可能性と成長を感じることのできた1年でもありました。
 さて世界経済、日本の経済はどうなって行くのでしょう。ギリシャ危機はスペイン、イタリアに波及してゆくかもしれません。2008年のリーマンショックで発生したバブル処理は6京円だそうです。想像できない額です。この最終処理が終わらない限り経済の安定成長はありえないそうです。中国、ロシア、北朝鮮との間の問題も心配です。坂本竜馬のような情熱に満ちたしっかりした政治を応援して日本の舵取りをお願いするしかないとと思います。新年もいろいろなことがおき、大きく変わる年になりそうです。日本人の底力で少しでもよい方向に向う新年にしてゆかなければなりませんね。レジオンは新年も希望と夢に向かって元気よくスタートしてゆきたいと思います。よく言われますが、ピンチをチャンスに変えて、ありがとうと感謝でいっぱいの新年にして行きたいと思います。
 重ねて今年一年の篤いお引き立てを賜りありがとうございました。皆様が素晴らしい新年をお迎えになることをお祈り申し上げます。   感謝三拝。
 
| レジオン通信一覧へ戻る |
▲Page top