レジオン通信88号
  2014年10月7日

  巻頭言(紛争と理解)     藤巻 正夫


 今も世界のあちらこちらで紛争が起きています、悲しいことにこれだけ文明、科学、医学、宗教、政治、経済すべてにおいて進化発展しているのに、人間が人間を殺す戦争が無くならない。それどころか増えている。みなさんどうお考えでしようか?進化発展しているように見えているだけで進歩していないなのかもしれません。どこまで人間は愚かなのか。どうしたら戦争が無くなるのだろうか。どなたか教えてほしい。怒り憎しみの連鎖を無くするにはどうしたらいいのか。怒りの原因は3つあると言われています。
1、自分が正しく、相手が間違っていると思っている時(大きくなると正義と正義のぶつかり合いになる)
2、欲(名誉欲、財欲)が妨げられた時(恥をかかされたり自分の利害が絡む時)
3、大切な人に腹が立つ(夫婦間のような親しい間柄、あなたのためにしているのに何でそんなこと言われなければいけないの、ちょっとした一言に腹が立つ)
正義の戦争とよく言われますが、正義とは人として行うべき正しい道であるならば、どこが正義なものか。自分の良心(魂)に聞いたらいい。人間同士殺しあう正義があるのか?人間同士理解し合うための教育に世界の良心が力を合わせ、協力できないものか。世界のことを身近なことに置き換えて考えてみると、私の周りにも価値観、物の見方、生き方、宗教観の違う人がいます。私はその方々を認め、理解しようと努力します。相手を理解しないで、自分が正しいと思っていることばかりを言っていたら、心の中で、驕りが生まれます。どちらか一方が100%正しい事など無いし、お互いこの世で人間として進化成長するために生まれてきた至らない人間同士、理解しあって、理解を極めることによりのみ、心の平安がおとずれるのだと思います。相手を理解してから自分が理解されるという順番を間違えず、理解を極める自分になることが結局は紛争のない世界になる近道ではないかと考えています。

「情熱思考」是久昌信オフィシャルブログ(以下是久さんのブログより引用)
<a href="http://ameblo.jp/masa-korehisa/" target="_blank">http://ameblo.jp/masa-korehisa/</a>  
【 人生を成功に導く偉人のレシピ 】
成功は幸せの鍵ではありません。幸せが成功の鍵です。
もし自分のしていることが大好きなら、あなたは成功しているのです。
    アルベルト・シュバイツァー
成功するためには何から始めればよいのでしょうか?
誰もが考えたことのある質問ではないでしょうか。
その答えはシンプルです。「幸せになる」ことです。
これまで、成功するために、いろいろと学び、自分を変革させるための
努力をしてきたけれど、なかなか結果につながっていないという経験をした人は、成功するために必要と思われるご自身の変革のプロセスに入る前に、
心の壁(ブロック)を取り除くことが大切です。
幸せとは状況をつくることではなく、幸せな人になることなのです。
そのためには、過去を手放し、自分も他人も許すこと。
ありのままの自分を受け入れること、自分自身であること。
今の自分を認めることから、変革が始まっていくのです。
あなたはあなたのままでいい。あなたはあなたのままで受け入れられる。
今の自分自身と、今、自分がしていることの良い点をみつけて、承認していきましょう。自分を好きになれれば、人を好きになれます。
まずは、I love meから始めましょう。自分を好きで日々を感謝している人は、
自分のやっていることや、まわりの人を好きになってきます。
情熱が沸き起こり人とつながり、夢を叶えていくのです。

医学博士のアルベルト・シュバイツァーは裕福な家庭に育ち、大学の講師をしていました。30才の誕生日を迎えた時、教会の机の上に置いてあった1枚のパンフレットが彼の生き方を変えました。
彼は病気で死んでいく、アフリカの不幸な人たちの生活を知り、「同じ人間に生まれながら、なぜこの人たちは苦しまなくてはならないのだろう。
よし、私は大学の講師も、音楽家になることもやめて、この人たちのために働こう」 と決断しました。周囲の猛反対を押しのけ、30才から医学の勉強を始め、38才で医学博士となり、病院を1年間経営できるだけの寄付金を集め、赤道直下のアフリカに出発しました。最初の病院は宣教師が使っていた
トリ小屋を改造したものでした。患者からは薬代としてバナナ、ニワトリ、
卵など受けとり、もっと貧しい人や老人からは報酬をもらいませんでした。
住民への医療などに生涯を捧げ、晩年は広島・長崎に落された原爆を知り、
反戦運動を展開し、ノーベル平和賞を受賞しました。
自分の「好き」がまだ見つかっていない人は、どんどん出会っていきましょう。初めから先入観を持って、あれは「嫌い」と決めつけないで。自分の「好き」を自分自身がまだ気づいていなものもあるでしょう。
まずはやってみましょう。人との出会いも同じですね。本当の面白さや魅力に気づかないで、嫌いな人、許せない人になっているかもしれません。
あっさりと夢をあきらめないで。あっさりと好きを捨てないで。
あなたの情熱は待っています。幸せな人になりましょう。
人生は素晴らしい。今日もあなたの心に情熱スイッチオン!
| レジオン通信一覧へ戻る |
▲Page top