レジオン通信33号
  2008年7月10日

  巻頭言(お久しぶりです。)     藤巻 正夫


久しぶりのレジオン通信です。情報発信したいことがありすぎて(笑い)、動きすぎて書けないことってあるのですね。(半分言い訳^0^です)レジオンが11年目に入りこれから次の10年後、20年後、30年後を見据えレジオンの方向を走りながら考えてきました。環境の事を真剣に考えレジオンは自給自足できる会社にシフトしてゆきたいと7年前より農業を始めて来ましたが昨年より本格的にスタートしています(といってもまだまだこれから)。昨年の秋よりライ麦の種まき、野菜の本格栽培、小麦粉を神奈川の小麦農家に契約栽培をお願いする。豆の販売、朝市の開催、自家製粉スタート、豆料理キット販売等々、農業絡みの企画をスタートさせてきました、ライ麦は種まきから参加し収穫。お菓子、パンになるまでしっかり流れを踏まえ、農業、環境、レジオンを自然な状態で繋げてゆきたいと思っています。来週はライ麦の脱穀です。1年間を見守って来て、ライ麦の一粒ひとつぶが愛おしくなるほどです。小麦粉は藤沢の田代さんにお願いしました。今月より田代さんの小麦を自家製粉して全粒粉のクレープスタート。8月3日より朝市も毎週日曜日開催します。私が育てたにんにく、木苺の苗なども販売します。レジオンの畑でも自給できる品数を増やし、販売できるまでにはしたいと思っています。農業は楽しい!ついつい時間が長くなってしまいます。もちろんお菓子作りも、パン焼きも、カフェメニューの新作も手を抜かずやっています。スタッフが成長してきたので私が外に出れようになったということですが、ありがたい。スタッフ、家族に感謝です。
レジオン通信は今回からブログのように気楽にアップしてゆきます。気楽といえば、夏は夏祭り!!レジオンのコンサート、朝市に遊びに来て下さい。詳細イベント情報をご覧下さい。それではまた。  拝
※写真は小麦をお願いしている田代さん。
| レジオン通信一覧へ戻る |
▲Page top