レジオン通信  4号  
  1999年8月発行 

  巻頭言(食文化とは)     藤巻 正夫

人間が地球のすべての物との関わりで生き続けている中で人間の精神的活動によつて作り出された物で真理を求め常に進歩、向上をはかり自然と共にある文化こそ食文化だと思っています。一人ひとりの間には深い淵、違いが在りながらそれを埋める独特の工夫をしているのが人間です。それが言葉であつたり、文字であったり、食べ物であつたりします。文化とは人と人とを様々な違いを越えて結び付けているものだと思います。一人ひとりを大切にしながら心と心を結び付ける事の出来るのが食文化であり、私たちの役割でもある様な気がします。レジオンのお菓子とパンで皆様の心と心がつながり、安らぎの時間が訪れますように!
☆ 自分の出来る事から始めましょう ☆
レジオンの役割と使命のひとつは食品添加物を一切使わないでお菓子、パンを作ることです。ですから誰もが安心して召し上がって頂けると思います、でも自分たちだけ、おいしく安全ならいいのでしょうか?自然(川や海、大地、空気)を汚す様な生活をしていては地球人として失格なのではないでしょうか。たとえば洗剤は出来るだけ使わない、ごみを出さない生活を心がけるなど、身近な所から考えて、自分の出来る事から実行してゆく事が大切だと思います。お菓子を作る事はごみを出す事でもあります、私たちも出来るだけ気を付け、リサイクルし、量を減らす努力をして行きたいと思います。どんな小さな事でもいいから出来ることから始めます。始めましょう!          
●レジオンのお菓子たちぁ  礇泪疋譟璽漫
食品添加物を一切使わないと決意した時から私の新しいお菓子作りが始まりました。多くのお菓子の中で私を一番悩ませたお菓子がマドレーヌでした。フランスの焼き菓子で、すぐに頭にうかぶのがマドレーヌという方は多いのではないでしょうか、私の中でもマドレーヌはフランスを代表する焼き菓子です。そのイメージの味をうまく表現出来ないのです。ベーキングパウダー(起泡剤)を使わないと、まつたく違う物になつてしまうのです。何回も何回も試作してもうまくいかず、今までのマドレーヌのイメージを一度白紙にして新しマドレーヌを作ろうと決めました。新たにイメージしたのは、マドレーヌの原点です。ポックリとしたレモンのマドレーヌから原点を思わせる生姜のマドレーヌに、こんなふうにレジオンのマドレーヌは生まれました。まだ成長するかもしれません、誰からも愛される心温まるマドレーヌをめざして。                          
  ◎夏休みのお知らせ◎
8月17日より20日までお休みをいただきます。
次回予告 巻頭言は(これからのレジオン)☆コミュ二ケーション ●レジオンのお菓子たちゥグロフ メゾン 次回レジオン通信イ鬚楽しみに!
| レジオン通信一覧へ戻る |
▲Page top